やがて血となり肉となる

1月 28, 2021 身近な疑問

当院では常勤の栄養士による食事指導を行っております。

なぜか!!

それは、なんだかんだ言ったところで、日々口にするものが
身体を作るから!!です。

どれだけ規則正しい生活をおくり、運動を心掛けたところで
日々の食事がコンビニパンだけ、みたいな状況では、栄養失調に
なりかねません。

今、意外と増えているんですよ、新型栄養失調。
タンパク質やビタミン・ミネラルの不足がその原因と言われています。

それ以外にも、栄養不良や不摂生な生活習慣による
ホルモンバランス異常など、慢性不調の原因となり得ます。

先日お越しになった57歳男性の新患、Fさん。
自称97㎏(私は信じてません)(笑
単身赴任で東京へ出てきてから、太りだし、慢性的な腰痛に悩まされ
当院へお越しになりました。
先ずは、慢性腰痛に対する施術と、日々の生活でできる
姿勢調整法や、身体の使い方を確り指導させて頂きました。
併せて、2週間の食事記入表をお渡しして、毎日、何時に何を
食べたのか、漏らさず記入して頂くようにお願いしました。

その後、確り書き込まれた食事記入表をお持ち頂いたので
早速、それに基づき、栄養士と私で精査し、身体の状態と合わせ
患者さんにとって実現可能な範囲で
理想的な食事指導を作成しました。

私から栄養士へお願いしたことは、
 ・腸内環境を整える
 ・内臓を温める
 ・デトックスを促す
 ・糖質、コレステロールを極力落とす
以上4点です。

そして、朝、昼、晩御飯の概略と
それに則した食材リスト、注意点等をA4用紙1枚にまとめ
患者さんへお渡しします。(もちろん次回診察時ですよ)

先週末にお越しになったFさんへ、施術後、この指導書をお渡しして
ご説明させて頂きました。
当初は、難しく感じておられたFさんですが、日々の生活パターンの中で
十分対応可能な方法を提案させて頂き、Fさんも何とかできそうだと
笑顔でお帰りになりました。

さて、次回お越しになった際に、Fさんの変化が楽しみです。
もちろん引き続き、食事記入表は記載をお願いしてあります!!
この記入表を書かなければいけないと言う事も、日々の食事管理に
貢献しているようです。

最後にもう一度、「自分の身体を作るのは、日々口にする物。」
そう思うと、あまり変な物は口にできませんよね(笑
皆さんも是非、日々の食事を見直してみてください。

投稿者: wpmaster

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です