カテゴリー: 身近な疑問

力を入れると力は逃げる

硬く閉まった瓶の蓋を開けるとき、皆さんはどうしますか?
てっとり早くオープナーを使うという方、正解だと思います。
しかし、オープナー無い場合は??
逞しいパートナーに頼む?
蓋の角をたたいてみる??
多くの方が、とにかく力んで思いっきり力を入れるのではないでしょうか。

そんな時、息はしてますか?
止めてませんか??

慢性腰痛で来院された患者さんの話です。
パン屋を経営されているとても小柄な40代女性Mさん。
友人の紹介で来院されました。
主訴の腰痛と手関節の痛みに関しては2回の来院で
完治しました。8年来の腰痛が一回の施術で無くなり
3週間快調、その後ちょっと痛みが戻ってきた所で
2度目の施術を行いました。その後5か月が経ち、
先日「疲れた」と来院されました。
腰痛と手関節痛に関しては、2度目の施術以後
痛みは無いとの事。

さて、なぜ力の入れ方から、こんな話になったかと言えば
このMさん、とても小柄なため、パン生地をこねる時や
材料の運搬でかなり苦労しておられるとの事。
5か月前にお越しになった折、作業台の高さの改善や
身体の使い方について、指導させて頂いてはいたのですが
基本的な力の乗せ方(入れ方)をつかみきれておらず
今まで通り、息を止め、力んで力仕事をこなしていたとの事。
連日そんな事を何時間もしていれば疲れますよね。

さて、今回Mさんには施術後、いつもパン生地をこねている
動作をして頂き、筋力計を使ってその力を計ってみました。
すると、6.7㎏。力んで思いっきりこねて6.7kgです。
そして、力を抜き、呼吸と動きを合わせ、重心移動を心掛けて
楽に同じ動作をしてもらったところ、なんと8.4㎏!!
同じ動作で、楽に体を使って、全く力んでないのにです。
力んで思いっきり力を入れた時よりも1.7㎏も強く力が乗っている!!
25%以上強い力が発揮されました。

この結果にMさんも大変驚いておりました。
力を入れると身体は硬まり、動きにブレーキがかかります。
そうすると、対象物に力が伝わらず、さらに力み、無駄に疲れる結果となります。

力は「入れる」ではなく「伝える」事が重要です。
力を伝えるには、力を抜く!!
当院では施術と並行して、身体の使い方を患者さんに
覚えていただく事で、日ごろから疲れない、痛くならない身体つくりに
努めています。

やがて血となり肉となる

当院では常勤の栄養士による食事指導を行っております。

なぜか!!

それは、なんだかんだ言ったところで、日々口にするものが
身体を作るから!!です。

どれだけ規則正しい生活をおくり、運動を心掛けたところで
日々の食事がコンビニパンだけ、みたいな状況では、栄養失調に
なりかねません。

今、意外と増えているんですよ、新型栄養失調。
タンパク質やビタミン・ミネラルの不足がその原因と言われています。

それ以外にも、栄養不良や不摂生な生活習慣による
ホルモンバランス異常など、慢性不調の原因となり得ます。

先日お越しになった57歳男性の新患、Fさん。
自称97㎏(私は信じてません)(笑
単身赴任で東京へ出てきてから、太りだし、慢性的な腰痛に悩まされ
当院へお越しになりました。
先ずは、慢性腰痛に対する施術と、日々の生活でできる
姿勢調整法や、身体の使い方を確り指導させて頂きました。
併せて、2週間の食事記入表をお渡しして、毎日、何時に何を
食べたのか、漏らさず記入して頂くようにお願いしました。

その後、確り書き込まれた食事記入表をお持ち頂いたので
早速、それに基づき、栄養士と私で精査し、身体の状態と合わせ
患者さんにとって実現可能な範囲で
理想的な食事指導を作成しました。

私から栄養士へお願いしたことは、
 ・腸内環境を整える
 ・内臓を温める
 ・デトックスを促す
 ・糖質、コレステロールを極力落とす
以上4点です。

そして、朝、昼、晩御飯の概略と
それに則した食材リスト、注意点等をA4用紙1枚にまとめ
患者さんへお渡しします。(もちろん次回診察時ですよ)

先週末にお越しになったFさんへ、施術後、この指導書をお渡しして
ご説明させて頂きました。
当初は、難しく感じておられたFさんですが、日々の生活パターンの中で
十分対応可能な方法を提案させて頂き、Fさんも何とかできそうだと
笑顔でお帰りになりました。

さて、次回お越しになった際に、Fさんの変化が楽しみです。
もちろん引き続き、食事記入表は記載をお願いしてあります!!
この記入表を書かなければいけないと言う事も、日々の食事管理に
貢献しているようです。

最後にもう一度、「自分の身体を作るのは、日々口にする物。」
そう思うと、あまり変な物は口にできませんよね(笑
皆さんも是非、日々の食事を見直してみてください。

そのマッサージ、体の芯からほぐれていますか?

暖かくなったり寒くなったり、日々の気候変化に
なかなかついていくのが大変ですが、皆様しっかり
体調管理はできていますか?。
さて、歩き方に続いて、ちょいと筋肉のお話です。

筋肉はもんでもほぐれない!!
巷にあふれるマッサージやリラックス等、芯からほぐれたと思う事ありますか?
その場はいいけどすぐに元の戻る、そんな感想の方が大多数ではないでしょうか。

なぜか??

固まった(こっている)筋肉はもんでもほくれない。なぜならマッサージ等の筋肉ポンプ作用で一時的に
筋肉がほぐれても、
筋肉を緊張させる信号はそのまま残っているからです。

ではどうするか、その信号をリセットすればよいのです。
それを知らないと、強もみなどの行為によって、筋細胞を破壊してしまいかねません。

先日、8年来の腰痛でいらした患者さんの話です。
今までは近隣の整体やマッサージで施術を受けて
痛みをごまかしてきたとの事ですが、長年の腰痛と
手関節の関節炎を
ちゃんと治したいとの事で、友人からの紹介を受け
当院へお越しになられました。
紹介してくれた友人と言うのが元日体大のマチョ。
当初は強もみをされたり、バキバキっとやられると思っていたそうです。
しかし、実際に施術を受けて頂き、「え!!痛みが無くなっている事もだけど
殆ど揉んだりせずちょっと触っているだけみたいな感じなのに!」と驚かれておりました。
因みに気孔とかそういった類の物ではありません。
まぁ患者さんによってはたまに使いますが(笑。

腰痛はその場で解消し、笑顔でお帰りになりました。
痛いことは何一つありません。・・・・
施術前の徒手(としゅ)検査はちょっと痛いことが有るかも???
これは、どの動きで、どこまで動くと痛いのか
痛めている箇所、筋肉を確認するだけですから
ご安心下さい。

因みに当院では、施療時に必ず、姿勢や日々の体の使い方をお伝えし
施術後の状態が出来るだけ長く維持できるよう、患者さんご本人が日々できる
姿勢調整法や歩行法をマスターいただけるように努力いたしております。

0ポジションの話

ゼロポジションイメージ画像

巷でよく、「関節調整」や「骨盤調整」という看板を目にしますが
人によっては通常の調整方法を行ってはいけない場合が多々あります。
例えば私、櫻井の場合、右膝の前十字靭帯が切れておりますから、
右膝を緩めるような調整を行うと逆効果となります。
人の体は皆それぞれ違うのに、マニュアル通りの調整しかしなければ・・・・
結果は目に見えていますよね。

当院では患者様それぞれの「ゼロポジション」を確認しております。
ゼロポジションとは個々人にとっての基準姿勢、正中軸が通り、重心が
正しい位置にある姿勢です。この姿勢を患者様ご本人に覚えて頂く。
当院ではこの工程を大切にしています。
姿勢調整、関節、骨盤調整は基準点があって初めて調整が可能なんです。

転ぶ理由

よく転ぶ女性スタッフ

スタッフの女性がよく道端でけつまづきます。
地面を見ても何もない所で・・・・・
当人的には昔はリレーの選手にもなった体力自慢なのですが・・・・
原因としては色々と考えられますが、意外と多いのが自分のイメージ上の体の動きと実際の動きのギャップです。
自分では5㎝以上足を上げているつもりがじつは2㎝も上がっていなかったり。

ちょと気になったので実際の体の動きと、自分のイメージする動きにどれだけの違いがあるか、試してもらいました。

先ずは目をつぶり、両手を水平に広げてもらいます。
自分で水平だと思った位置で止め、目を開くと・・・・
結構水平ではなかったりします。
写真のとおり、右手がちょっと上に行ってますよね。

これと同じことを足でもやります。
片膝を持ち上げて太もも前面が床と水平になる所で止め確認します。

こうして自分の体のイメージと実際の動きを校正してあげるとけつまづく事も少なくなると思います。

イメージと実際の動きの校正が整ってもまだよくけつまづく場合は体のバランスを整えてあげたり、隣り合う筋肉がそれぞれ干渉していないか等治療が必要だと思います。

まずは自分でできる校正をお試しください。

足湯でわかること

東洋医学的に言うと、人の体にはいくつかのタイプがある。
超大まかに分けると、体内の水分が足りないタイプ「虚」と体内に十分な水分がある「実」
この二つです。
またそこに陰と陽が加味されたりなんだりと細分化されていきます。
さて、当院で体験していただく足湯、10分間で何が分かるか、というと、このタイプがある程度わかります。

例えば体の温まり方の違いで、虚・実の判別がつきます。
また、熱の伝わり方でどこに滞りがあるかなどが分かります。

こういった事を参考にその後の治療の方向性を考えます。

例えば、お湯につかっている部分は温まるのに体のほかの部分は全然温まらないという場合、
「虚」もしくは「気帯」などが考えれれます。
「気帯」とは気の巡りが悪くなり滞っている状態です。

一口に治療と言っても「虚」と「実」の方では、治療法もちょいと違います。

贅沢なパハール岩塩足湯、体を温めほぐす以外にもその後の治療にかなり参考になる情報が得られるんです。

患者さんの体がどうなっているのか、それを知ることが治療者にとっても患者さんにとってもとても大切な事だと思います。