カテゴリー: 〇〇の話

歩き方と靴の減り方の話 その2

約一月が過ぎ、中間報告です。
この靴での歩行距離90459.55m歩数にして122,907歩でした。
そして90㎞以上を歩行した靴底はというと・・・・・

歩行詳細

かかとはほとんど減っていません。
若干左足のかかとが右足に比べ減っているかな?という感じ。
まぁ右膝の前十字靭帯が切れている事を思えば右足をかばって左足に負担がかかって当然なのですが・・・・

一番減っている箇所は、両足共に第2、第3指の付け根部分より若干足首より。
重心軸と地面の設置位置が一番減っているようです。
我ながら良い重心バランスだと一人、ニヤリとしております。

面白い物で、正しい姿勢、正しい重心バランスを意識して歩くと靴底はあまり減らないようです。

私が歩く際に気を付けている事。
1:正中軸と重心軸を整え、意識する事。
2:骨盤の角度。へそからまっすぐ伸びた線が約3m先の地面に刺さる角度
3:足の人差し指の向き。足の人差し指もしくは人差し指と中指の間が真正面を向く事。
4:全身の力を抜く事。
5:上下運動はしないように動くこと。
以上5点です。

前回はざっくりと3つと言いましたが、今回はちょっと詳しく書いてみました。

皆様もぜひご自身の歩き方、重心バランスを意識してみてください。

歩き方の話。その3

歩き方について
3回目の今回はちょいと力学的にご説明しようかと思います。
さて、中学校の理科を思い出してください。
ニュートンの力の法則「作用反作用の法則」
厳密な内容や難しい文言はできるだけ排除し(わたし自身が分からなくなるので)
お話していこうと思います。

人が地面に立つとき、自分の体重が地面にかかります。
同時に地面からも同じ力がかかり、押し返されます。
これがざっくりですが作用反作用の法則です。(専門家の方は目をつぶってください)
さて、このとき問題になるのが反作用力、地面から押し返される力です。
この力は体に伝わり、身体の柔性、すなわち
各関節や筋肉等の柔軟性が働いてくれることによって吸収されます。

このとき、身体の柔性が損なわれ、吸収できなかった反作用力が
余分な衝撃となり、「痛み」として認識されます。

この考えを日々の歩き方にあてはめて考えて下さい。
「膝を伸ばし、踵から着地し…云々」と今まで言われてきた歩き方では
反作用力に加えて衝撃力等もかかります。
歩いていて肩の上下が大きい方はそれに加え落下加速度等の衝撃も
余分にかかります。
そうすると、その衝撃力も、さらに吸収しないと、痛みが増すことになります。

一番良いのは確りと体のケアーをして、各関節、筋肉、内臓、そして特に
胸椎の状態を健全に保つ(柔性を持たせる)事です。
しかし、これにはしっかりとした専門家によるケアーが欠かせません。

でも、日々の動きや姿勢、呼吸法によって、ある程度の改善は可能です。
そして、歩き方を改善すれば、更に痛みに対しての対応が可能と考えます。

皆さんの日々の歩き方は如何ですか?肩は上下していませんか?
歩いていて痛みや違和感がある部位はありませんか?

歩き方の話。その2

前回は無駄な衝撃を体に与えず、また歩行に対して無駄な動きをしない
人間の体が本来持っている衝撃吸収能力をちゃんと使う
と言う歩き方をざっくりご紹介しました。
では実際にどうすればそういった歩き方ができるか。

何をおいても一番大切なのが「重心軸」です。
よく皆さんは地面からまっすぐ(垂直)の線と思われるかと思います。
そして往々にして踵重心となっているかと・・・・・・

実際の重心軸は頭頂部(ツボで言う所の前頂、両方の耳孔からまっすぐ
頭のてっぺんに線を伸ばした中間点と考えて下さい。)から両足の間、
拇趾球の約2㎝足首よりを通る線と考えて下さい。
勿論体型等による個人差はありますが、おおむねこの範囲で問題ないでしょう。

さて、この重心軸、実際に体験してみると、結構前傾になっている
と感じると思います。しかし、実際に重心軸を意識し、感覚的にこれをつかむと
日々の動作、椅子からの立ち上がりや、歩行、階段の上り下りといった際に
今までより、軽く、楽に動けることが実感できると思います。

極論と思われるかもしれませんが、歩行に筋力はほとんど必要としないのです。
骨でしっかり体を支え、重心軸の移動(位置エネルギー)を利用すれば
身体は勝手に進んでくれます。筋肉は微妙なバランス調整に使う程度。
だから疲れずに歩けるようになるのです。

先ずは自分の重心軸をしっかりと意識、認識する事が大切です。

また別な患者さんのお話です。
72歳女性、変形性膝関節症で、病院から自宅までの400mの距離が歩けず
タクシーを使っていたのですが、当院へお越しいただき、施療の後、姿勢や
重心軸、歩行法をしっかりと指導させて頂いた結果、半年後にはお遍路へ
行っておられました。
正直此方の方が心配してひやひやしておりましたが、笑顔でお帰りになられました。

重心軸、是非しっかりと認識してください。

歩き方の話。その1

巷で色々な歩行教室やウォーキングレッスンの看板を目にします。
当院の患者さんでもそういった教室で歩き方を習ったと仰る方も多々おられます。
しかし、大概こういった方は膝や足関節を痛めてます。

なぜか。
私の見解では、これは歩き方(教わった)そのものが間違っていると思います。
なぜなら、膝は伸ばして踵着地、歩幅は大きく、と言ったことを意識させて
歩く以上、地面からの衝撃を体で直接受け、本来人間の体が持っている
衝撃吸収機能を使わない、使えない歩き方だからです。

皆さんもご自身の歩き方を見直してみてください。
無駄に肩が上下していませんか?
当院の指導する歩行法では上体はほとんど上下しません。
前に進むのに、上下運動って無駄な力だと思いませんか。
足へも無駄な衝撃が加わりますし。

膝が伸び切っていませんか?
膝か伸び切った状態で踵を着地すれば、膝に過伸展力がかかり
関節を痛めることになります。

せっかく健康を考えて運動するのに、結果として体を壊してしまっては
「初めから運動なんてしなければよかった」なんて考えにもなりかねませんよね。

身体を痛めず、疲れにくい、そんな歩き方を当院ではご指導しております。
決して特別なことではありません。はるか昔から日本では行われていた歩行法です。
走りかたで言えばナンバ走り、飛脚走り、忍者走りなどと言った走り方の基本になります。
もう一度、初心に帰って、自分の体にあった運動方法、歩行方法を見つけて下さい。

因みに73歳女性の患者さん、当院に通われ、歩き方を習得中です。
最近はご夫婦で出かけると、20㎝以上背の高いご主人よりも早く歩け
疲れないと、笑顔でお話し頂きました。

五十肩の話

昨日久しぶりに母親に会いに行ってきました。

さて、近況報告等すませ、帰り際に、「肩が痛くて、50肩と言われ今整骨院へ通っている」との事。
そこで、治療内容を聴くとお決まりにコース「電気治療と肩回りをちょっと
マッサージ」との事。
思わず「治らないよ、それは無駄だよ」と言ってしまいました。
因みに50肩は保険外治療です。まぁその辺の話はまたいつか。

無駄と言った以上は有効な施術をと
改めて母の体を診てみると、右肩(患側)が若干ずれている感じ。
そこで、先ずは肩関節を調整し、動きを試してもらうと
「あら!動く、だいぶ動きやすい。」との事。
その後、肩関節の滑液包、滑膜に動きを付け、筋絡を整えつつ
呼吸を整え、約10分の施術。
最後にもう一度、動きを試してもらうと、満面の笑みの母。
その後自身でできる調整法を伝えたのですが、どこまで覚えきれた事か・・・
また近い内に様子を見に行かねば。

帰り際、母が「近所の整骨院とは全く違う」というので
今私がした施術が「柔道整復」です。と伝えた次第。
古来ほねつぎ(柔道整復師)が行ってきた施術。
骨絡・筋絡を整えそして経絡へも効果を出す。こう言った技術は
残念ながら今はなかなか取得するのが難しくなっているとおもいます。
本当に残念でなりません。
医療機器、技術の発達は素晴らしいと思うのですが、過去の優れた技術が
すたれては・・・・・・。

足痩せの話

脚痩せの話

いつも足がだるいと仰る患者様、治療前後での結果を確認するため写真撮影をさせて頂きました。
所見では大腿部と鼠蹊部で下腿のリンパをせき止めている感じがあり、このせき止めている原因と思われる筋肉・靭帯へアプローチ!!
約15分ほどの施術で下腿の動きもだるさも抜けたとお喜びいただいたのですが、それ以上に、膝上10㎝で計測した周径が施術前と後で-1.2㎝と細くなっていた事に喜んでいただきました。
(施術前39.1㎝・施術後37.9㎝)
写真でご覧いただける通り、施術前は血行が悪いため血色も悪かったのが、施術後は血色も回復しています。

テレビなどではよく一回で「マイナス数㎝」とマイナスの値が大きいほど良いという様に宣伝しておりますが、治療者の立場からすると、一回の施術で1.5㎝以上細くしようとすると
逆にむくみなどが出て、身体への負担が大きくなり悪影響と考えます。
何事も程々、運動の効果と一緒で毎日少しづつと言うのが、体にとって最も有効で悪影響が少ないのではないでしょうか。

足やせ施術ビフォー
足やせ施術アフター

いい筋肉の話

いい筋肉というと、皆さんはどういう筋肉を思い浮かべるでしょうか?
大きい!切れてる(ボディービル的)
硬い!がっちがち?
梅鉢接骨院的にいい筋肉とは柔軟性があり、壊れにくく、みずみずしい筋肉
しっかりと体液と酸素の循環が行き届き100%の力を発揮できる筋肉がいい筋肉と考えます。

なぜか!!

筋肉が力を発揮する構造を考えると答えが出ます。
力を入れて筋肉が縮むと筋肉の端の腱(強靭なゴムのようなイメージ)が縮んで骨(関節)を動かして力を発揮します。
ここで大切なのが「筋肉が縮むと」という事。
ONとOFFの状態での振幅が大きい程、発揮する力は大きくなります。
そして、筋肉は筋膜という膜に覆われ周囲の組織や筋肉と密接しています。
これをスムーズに動かす為に滑液などによって動きをよくしています。
必要な筋肉を動かす際に、周囲の筋肉や組織に邪魔されないようにしている訳です。

ここでもう一度考えてみてください。常に硬い筋肉にONとOFFの状態での振幅はあるでしょうか?

たとえどんなに大きな筋肉でも硬く、循環が悪い場合
本来120の力を発揮できる筋肉でも硬く振幅が少なく本来の50%しか力が発揮できない筋肉と
本来60の力しか発揮できないが、筋肉の状態は非常によく柔軟性に富み、体液等の循環も申し分なく、
100%の力が発揮できる筋肉。

結果的に発揮できる力は同じですよね。
前者は重く、壊れやすい
後者は軽く、壊れにくい

さて、皆さんはどんな筋肉をいい筋肉と考えますか。

むくみの話

最近街中で明らかにリンパの巡りが悪そうな方々が目につきます。
なぜ他人のそんなことが分かるのか?っとお叱りを受けそうですがポイントとなる見極め方が色々とあります。
もちろん口では説明しにくい感覚によるものも多々ありますが・・・・

説明ができるポイントで言えば、肌質、細かい吹き出物、下顎角内側のむくみ、呼吸の浅さなどがあります。

私自身も油断しているとリンパが詰まってしまいます。
そんな時は呼吸を意識して、リンパが流れるようにもっていきます。
大抵はこれで流れがよくなるのですが、ひどい場合は呼吸に合わせて外からのアプローチを加えます。

顔面で言えばまずは顔の中心、生え際から始め耳の前にこれを5回ほど、次いで耳を超えるように耳の後ろから首、
鎖骨へと送り出すように指を走らせ、リンパを送ります。
さらに、目の上から耳の前、目の下から耳の前へ、顎先から耳の前と同じように行い、
それぞれ最初と同じように耳の前から頸部、鎖骨へと送ります。

入浴中や就寝前にこれを行うと、寝つきもいいし、寝起きも爽やかです。
もちろん個人差はあるのでご自身でお試しになってください。
ちなみに、事前に水分を取ることをお心がけください。

普段はあまり意識しないかも知れませんが、自分の呼吸を意識し、呼吸が体内に巡る感覚を意識すだけで、
体調を整えられると思います。
是非一度、自分の呼吸を意識してみてください。

歩き方と靴の減り方の話

靴のカカトの減り方実験

約5年間、週に3日ほどはいていた靴です。
一日の歩行距離は多い時で約10㎞、少なくて約6Km というところでしたが、思いのほか靴底のヘリが少ないと思うのは私だけでしょうか??
しかしながら5年近くはいているとだいぶ痛んできたので新しい靴を買ったのを期にちょいと記録を取ってみようと思いました。
靴の減り方って姿勢や歩き方がかなり如実に表れますよね。
でも、正しい??歩き方だと靴底のヘリが少ないと思います。

私が歩く際に気を付けていることは「体軸」。
正中線とも言います。この体軸と足の指の方向。
足の第2指(人差し指)が進行方向(正面)を向くようにする事と
頭が上下しない事。
おおざっぱにいうと以上3点です。

さて、新し靴ではどうなるか、こうご期待!!

かかとの減り具合の確認。5年履いた靴

買ったばかりの靴。靴の減り方実験スタート 

鼻詰まりの話

鼻づまり患者への施術画像

弊社のスタッフはいつも鼻炎でなやまされております。

そんな訳で、簡単に自分でもできる鼻炎(鼻づまり)解消法です。
やり方はいろいろとありますが、手っ取り早くて簡単な方法を一つ!!

「頭蓋骨調整」

名前だけ聞くと仰々しいですが、やることはいたって簡単。
おでことこめかみをそれぞれつかみ、せん断(スライド)するように20回ほど動かす。
これだけです。先ずは一度お試しください。
スタッフへは私が施術しましたが、一人でやる場合の写真もUPしましたのでちょっと鼻がつらい、
詰まっているなぁって時にでもお試しください。

鼻づまりのセルフメディケーション