看板を設置したよ。

石垣の上にすいかを植える

こちらは、会社の裏手にあります石垣です。石垣の途中に50cm程のちょっとした「土」部分がありまして、ここにすいかを植えてみました。

すいかというと「肥料食い」でおなじみの作物。無農薬&化学肥料を使わずにどこまで育つものなのか?!どちらかというと反対気味の私でしたが、社長が無類のすいか好きということでチャレンジしてみることにしてみました。

4月23日

いつものホームセンターで苗を購入。「スイカ赤大玉」普通の大玉で果肉は赤いすいかと、「ブラックジャック」という皮が黒い「でんすけすいか」みたいな黒すいかの2種類です。

5月13日

本日、上野原は小雨が降り、かなり肌寒いいや~な天気。農作業には適さないこんな日ですが、スイカの摘心等々行いました。というのも、植えた後にスイカの育て方のあれやこれやを見てみたらどうやらマルチをかけた土に定植して、さらにカバーをしたほうが良いと何を見ても書いてあるではありませんか。GW前後で大分温かくなってきたなと思っていたのも束の間、ここ数日とっても肌寒い日が続いています。むき出しのスイカの苗のことが急激に心配になり急ぎ作業を行いたしました。

苗を植えて20日ほどの「スイカ赤大玉」です。花も2つほど咲きました。まずは「整枝」をしていきます。

「整枝」本葉5~6枚出たところで、親づるの芯を摘みます。2~4節から出る子づるを3~4本伸ばします。

ということで、先端である親づるの先っちょをカットします。知らないとここは切れないなぁ~。

カットした親づるの先っぽです。これ、差しておいたら大きくなりそうなニオイがぷんぷんするのですが・・石垣の上は余裕があるのでこのまま差しておいてみることにします。枯れちゃうかなぁ。

孫づるも摘心していきます。

本葉6枚残して「整枝&摘心」した「スイカ赤大玉」です。

寒さ対策に不織布をかけました。

はい、ここで追肥用の肥料を準備します。牛糞と油かすのミックスです。油かすの割合は、チッソ/リン酸/カリ:5/2/1。スイカの肥料は、10/10 /10が良いと聞きかじったのでパハール岩塩(赤)を入れてみます。この赤いパハール岩塩は、通常商品を作るときに検品の際にはじいているものです。不溶解ミネラル分。カリの補充に。

苗と苗の間に追肥します。苗から離れたところに肥料を入れてあげると栄養を求めて根が大きく広く張ってくるそうです。

2021年植樹~柑橘3種+1

畑の下ブロックは、果樹園にする!ということで新たに4種の木を植樹いたしました。

まずは「レモン」無農薬・国産レモンっていいですよね。カビやすいこの柑橘は、海外のレモンは防カビ剤なしに日本に輸入することはできません。「OPP・TBZ・イマザリル使用」これらはかなり強い毒性、発がん性のある農薬です。なんでこんなものをかけたものを販売が許されているのか・・・。普通の流通システムに乗せようとした必要悪なのでしょうか。

とにかく自分で作って食べるものなので農薬はなし!でチャレンジしていきます。

デコポンです。デコポンがとれたらいいですよね。しかも高級品種の不知火。無農薬不知火!

こちらは私が大好きな柑橘「清美オレンジ」です。3種類の柑橘、温かい地域の作物なので、柑橘類は過保護にそだてるぞ!

こちらは、「あんず」信州大実という品種です。柑橘は温かい地域の作物なので育つかどうか、お試し的なところも正直あります。なにせ4月に入ってから寒さで水道管が破裂してしまったものですから。。なので、「信州」のあんずだったらこちらは元気に育ってくれることに期待!

斜面の果樹園、上から「レモン」「デコポン」「清美」「あんず」の順に。上のほうが日当たりが良いので、寒さに弱い順に植えてみました。とわいえそんなに離れているわけではないんですけどね。

庭にすごいものが咲きそう。

冬に越してきたときには殺風景だった庭ですが、春を迎え次々と多種多様な花が咲き、改めていろいろな庭木があることにおどろかされます。梅やミモザ、椿に桜が終わり、上野原の山々は野生の藤で紫いろに染まっています。

上野原野生の藤の花

弊社の庭木で咲いているものもひと段落ついたところなのですが、畑と庭の間に凄い葉、すごい蕾をつけている草がありました。

ギザギザの葉っぱ、直径4cmほどの蕾。どんな花をつけるのか。かなり楽しみな大きさの蕾です。咲いたらご報告いたします。

5月7日

大きな蕾がついてはいましたが、緑色の固そうな蕾だったので、開花まではまだまだ先なんだろうな~昨日はそんなことをおもながらブログを書いていたのに、今朝畑と庭の水やりに出てみるとかなりびっくり!

もう花が咲いていました。すんごい蕾などと、昨日は大げさに書いてみたのですが、つぼみを見つけた以上に驚く大きな花が咲いていました。それと、大きさにびっくりした以上に「この花・・。ブログに記事にしちゃったけど・・・。大丈夫か?!?!。まだ蕾の記事しか書いていなかったから、しれっと削除しちゃう?!」などと心のなかで自分会議を開きつつ、すぐにネットで検索しました。

「大麻・けしの花」

画像検索したら今、目の前に咲いている花の画像が出てくるじゃありませんか。。大丈夫か?!やばいやばいとあせりつつ、「大麻・けしの見分け方」山口市のHPを見てみるとわかりやすく説明されていました。

https://www.city.yamaguchi.lg.jp/soshiki/48/69522.html

結論から申し上げますと、目の前の花は植えても良い「オニゲシ」でした。

ちなみに、この「オニゲシ」に似たアウトなけしは、「ハカマオニゲシ」(ブラクテアツム種)(パパヴェル・ブラクテアツム)という真っ赤なけしで、「花びらの基部に存在する鮮明ではっきりした黒紫の斑点」が目印らしく、庭に生えている花は左の写真のように黒紫の斑点はありません。

何はともあれ、よかったよかった。

2021年畑に植えたもの~アスパラガス

アスパラガス大好き!多年草なので毎年にょきにょきと生えてくるとのことでそりゃ是非とも育てたい!2種類の苗が売っていたのでどちらも植えてみることにしおました。

苗の取説をとおり、穴掘って♪苗植えて♪水かけましょう。

3月の頭に植え付け作業を行いましたが。4月7日現在まだ芽は出ていません。スギナの小さいのと紛らわしい!!

2021年植樹~アーモンド

温暖な場所の作物であるアーモンドですが、自家製のアーモンドでアーモンドプードルを作ってお菓子を作りたい!そんな夢をもちつつアーモンドの苗を植えました。昔昔、子供のころアーモンドの種をもらって植木鉢で育ててみたところ、花を咲かせるまでには大きくなったのですが、植木鉢のままにしておいたのでそれより大きくなった覚えがない・・。

冬の寒さが心配ですが、上野原のホームセンターで苗を売ってるということは、上野原でも大丈夫ってことでしょう!

わが社の畑の一番上、日当たりがよく一番温かいのではないかと思われる場所、オリーブ横に植樹いたしました。

2021年植樹~菓子くるみ

苗の選び方をコツを師匠に教えてもらったところ

「なるべく太いもの」

とのこと。ホームセンターで売られている同種の苗をすべて見比べて一番太いものを植樹しました。

こちらのくるみの苗を見た師匠は、

「これはいい苗ですね。クルミは実をつけると思いますよ。」

とのお墨付きをいただきました。

アーモンドやオリーブは温かいところの植物なので果実がつくかどうかいちかばちか、初めてのチャレンジ!と思って植えてみたので、もしかしたら果実はつくかどうか・・。

せめてこのくるみはなんとか実を結びますように!

2021年に畑に植えたもの~いちごの苗をもらったよ。

いちごの苗をいただきました。斜面でよく日の当たるこの畑はいちごも良くなるそうです。

まずは土づくり。おが屑→牛糞→おが屑をまきます。

たくさんいただいた苗を植えていきます。

苗から根のような枝のような長い葉のついていない茎が「ランナー」。植えておくとここが伸びて株を増やしてくれるそうです。ほっといてもどんどん増えるってことでしょうか。そりゃうれしい。

全部で3畝分植えることができました。

すぐに定着!きれいな花を咲かせています。

2021年畑の植えたもの~そらまめ

パハール岩塩にあう2代巨頭と言ったら、「枝豆」と「そらまめ」!さやごと直火焼きにして、パハール岩塩をちょっとつけて・・・。

そらまめは、ホームセンターにて苗を2ポット購入しました。

昨日、NHK教育テレビの「趣味の園芸 野菜の時間」を見ていたところタイムリーにソラマメの手入れをしていました。TVではちょっと前に植えていたらしく、うちの苗の3倍ほどの大きさになっていました。

それくらいになったら「土入れ」なる作業を行うそうで、ソラマメ特有の作業だそうです。囲うように支柱を立て、つるが巻き付くよう麻ひもを渡すそう。

大きくなる前に準備!

4月12日(月)

ソラマメの茎になにやら細かい黒い点々が・・。これがいわゆるアブラムシなんですね。ほかの作物はまだ大丈夫だったのに、ソラマメだけがターゲットにされてしまいました。畑いっぱい育てているのであればそれば殺虫剤も必要なのでしょうか、うちの畑はたった2本。手で丁寧に除去しました。

そして、天敵投入!

取り切れなかったアブラムシはテントウムシに食べていただくことに。

予防措置として、キラキラテープ投入!

こちらは、「趣味の園芸 野菜の時間」で見た方法です。虫よけテープというキラキラのテープを束ねてくしゃっとしてソラマメの上に飾ってキラキラさせます。番組見ながら

「このテープ実家に沢山あるなぁ」と思い立ち持ってきました。このキラキラテープは長年、母が氷川きよしのコンサートで拾い集めたもので、もらいすぎて袋にひとまとめに入れられていました。リユース!有効利用できてエコですね~(笑)

5月6日(木)

ソラマメって、本当にアブラムシがつきやすいんですね。。4月にキラキラテープを設置しましたが、見るたびになんがしかの虫がタカっています。

そのたびに手で払ったり、紙テープでぺたぺた取ったり。これは専属農家さん、農薬使いたくなっちゃいますよね。ま、幸い、3株しかないので地道に手で取っていきますけどね私は。

趣味の園芸情報!

「花が枯れたら枯れた花は手で除去する」

くしゃっと枯れた花があったので取ってみました。

じゃん!中から小さな小さなソラマメベビーが顔を出しました。

これが例の「土よせ」です。

2021年畑に植えたもの~にんにく

昨年、移住のため何度となく上野原に足を運んでいました。その際に立ち寄っていた場所、

「談合坂上りサービスエリア」

この談合坂上りのサービスエリアには、野菜の直売所「やさい村」があります。野菜直売所好きな私、直売所でチェックする野菜があります。それは、

「にんにく」です。

スーパーで販売しているにんにくはというと、お値段の張る青森産の大きな国産にんにくか、お安い中国産の2種類。ここに最近では落合シェフの顔のついたスペイン産のにんにくなども見かけます。

何につけても中国産のものは口にしたくないので、お手頃な価格で国産にんにくが手に入る野菜の直売所で販売しているにんにくはありがたいものです。

とはいえ、にんにく、にんにくという割りに昨年の引っ越しの忙しさにかまけて、使用頻度が少なかったせいか

結局こんな有様に。

移転準備で上野原に来た時に、「やさい村」で購入して世田谷の事務所に持っていったものの、引っ越しのときに再度上野原に連れてきました。

山梨の農家さんが育てたニンニクですのでこのまま植えたら元気に育つのではと、引っ越してきて早々鉢植えに植えておきました。まだ11月の寒い時期にもかかわらず、1か月ほどでこれくらい成長していました。

しかしながら、芽を出していた7粒ですが、植木鉢に植えた状態では順調に育っているように見えたのですが、やはり寒い1・2月。

冬を過ぎたら4本ほど元気がなくなってしまい、畑に直植えしようと鉢から出したところ元気のなかった4本は根もなく、もともとのにんにくもトロけてしまっていました。

こちらは、本日3月22日のにんにくの様子です。残った3本はどうか元気に育っておくれ!

しいたけの原木栽培

師匠からのご指導の下、しいたけの駒うちを行いました。

今回用意したのは「なら」の木。「なら」の枝を手ごろな大きさに切って用意いたしました。これは半月ほど前に切り出しておいたものです。

しいたけ栽培には、「なら」か「クヌギ」が適しているとのことでしたが、駒うちのしやすさでいうと断然「なら」の木が良いとのことでした。

ならの「枝」と申しましたが、わけていただいた「なら」の木、シイタケ原木と聞いて思い浮かべる原木の2倍は太い。師匠に尋ねたところ、

「太ければ太いほどたくさん生えてくるので期待できるよ。」とのこと。

上の写真は今回使用した原木の中で一番大きな原木ですが、直径23cmもありました。

まずは、ドリルで穴をあけ、駒を入れ、金づちで打ち込みます。ドリルで穴をあけたらすぐに駒を入れること!また穴をあけて駒を打ち忘れると原木の水分がどんどんともっていかれてしまうのでしっかりと駒を打ち込むこと。

ドリルで開ける人と駒うちする人の分担作業でしたが、やはり穴の見落としが。。最後にしっかり確認しました。

今回駒うち用に用意したしいたけの種駒は、500個。原木は11本用意しました。

駒の打ち込み間隔ですが、原木11本に対して500個はかなり多かったみたいです。

一度封を開けた駒は使えなくなってしまうので、かなり密に駒うちしておきました。次回、500個用意したら原木は20本くらい必要かな。また来年、原木を増やす予定なのでその時の参考に。ただ、駒が多い分にはすぐに菌が回るので良いとのこと。

こちらは数週間前に師匠からいただいた原木2本です。2年ものの原木。

すでにかわいいしいたけが生えてきました。

そしてこちらの原木は、この家に前からあった原木です。なんと10年選手だそうです。まだシイタケが生えてきています。

2021年3月22日

昨日、まさに「春の嵐」といった朝から晩まで降り続く雨&風の大荒れの天気でした。「雨が降ると一気に大きくなるよ」と師匠が言っておりましたが、まさに一気に大きくなりました。

この画像の2枚上の、師匠からいただいた2年目の原木です。左側2本は2年目ですが、右端の10年原木からも続々と生えてきました。ただ、さすがに先日駒を打ち込んだばかりの原木は変化なしでした。